07:ホームページの問題発見・診断

ホームページをより良くしていく、ウェブ活用の仕組みをより良くしていくためには自分たちでのPDCAが必要です。そのために必要な見方をお伝えします

ラウンドナップ中山です。

ここではホームページを中心に、ウェブ活用の現状について診断する方法をお伝えします。

診断というと大げさですが、つまりは改善のサイクルを回すために必要な考え方や取り組み方、具体的な手法についてです。

コンサルティングの中で定期的に診断を受けて頂くのも、もちろん良いのですが、細かい施策の実行や、担当者・組織として自然と伸びていくためには、やはり自分たちが常に自らの行っている行動に対して診断の目線を持てるかどうかが重要です。

目指すべきは常に自然と「改善の目」を持てるようになること。その第一歩としてこのコースをご覧下さい。

■事前課題

自社・自分のホームページについて、課題をピックアップして下さい。またそれぞれの課題について、なんとなくといった感性的な理由ではなく、明確に「理由」をつけて下さい。

できるだけ多人数で行い、課題の内容を突き合わせてディスカッションをして下さい。


■事後課題

自社のホームページをこのコースの考え方を元に見直してみて下さい。また、定期的にそれを行ってみて下さい。

講師


中山陽平
中山陽平

こんにちは、株式会社ラウンドナップ代表取締役、ラウンドナップ・コンサルティング代表の中山陽平(なかやまようへい)です。

私は、中小企業専門と銘打っている通り、基本的に大手ではなく、中小企業や小規模事業者の皆さんがWebを活用できるようになるためのコンサルティングと実務サポートを行っています。

つまり「売上アップのためのWeb活用をお手伝いしながら、みなさんが自分たちでもウェブを活用できるようになるためのコンサルティング」を行っています。

このコースは手軽にそのノウハウを受け取ってもらうためのもの。是非最大限ご活用下さい。


このコースはまだ非公開です